So-net無料ブログ作成

着物でお伊勢参り 5 [時事]

鳥羽にあるのは水族館だけじゃない!

他にもいっぱい楽しんできました♪
 
 
オヤツ時とあって、まずは赤福の鳥羽支店で冷やしぜんざいをいただきました。
 
2017051541.jpg
 
赤福はこし餡派の「神」ですよねっ!!
ぜんざいは勿論とても美味しかったのですが、あったかいお茶と付け合せもまた美味しくて♪
ペロッといけましたw
 
その後はミキモト真珠島の見学。
橋を渡ってたどり着いた島は素敵な庭園でした。
 
2017051542.jpg
 
「らぶらぶの石」見っけ♪
2017051543.jpg
一人でだけど…
 
海女スタンドで海女さんの実演を見学します。
 
2017051544.jpg
 
2017051545.jpg
 
正直この時間帯になると風も強くなってきて、陸では寒さを感じていたのですが、海女さんたちは大丈夫だったのでしょうか。
 
2017051546.jpg
 
以前は鳥羽の女性の主な就職先であった海女も、養殖技術の発達により今ではここでしか見られないそうです。
歴史の証人として続いてくれるといいな。
 
 
真珠博物館では色々勉強させてもらいました。
人口的に真珠の核を入れて作るのは知っていたけれど、同時に(真珠をつくる以外の)貝の一部であった、がいとう膜という部分も一緒に入れるとは初耳。
この「ピース」と呼ばれる部分がないと核の周りに真珠の膜が出来ないんだって。
また、選別の実演、数珠繋ぎにする為の穴のあけ方など、真珠にまつわるほぼ全てがこの博物館に詰まっています。
 
二階には古今東西の真珠のコレクション♪
いやぁ、目の保養でした。
中でも目を引いたのが、パリ万博で公開されたというアクセサリー「矢車」。
パーツを付けたり外したりで12通りの使い方があるというのですが、その再現VTRが凄いんです!
「まだあるの!?」「これとこれも組み合わさるのかー!!」と、そのバリエーションの多彩さは合体ロボットものを見ているようで、段々のめり込んでいく自分がいましたw
13分ほどありますが、ここに来たら必見です。
 
パールブラザで販売されている真珠は、まあ上を見たら霞んでいるくらい天井知らずwですが、千円前後のお手ごろ価格なアクセサリーもいっぱいあります。
お土産売り場には真珠にちなんだお菓子なども置いていますので、遠慮せずにズズズイッと見て回るのが吉。

 
 
島を出た頃にはすっかり夕方。
駅向こうにホテル行きのリムジンバスがあるというので再び駅に向かう途中、駅前通りのサザエストリートから超いい匂いがw
こういうところは大抵朝が早く閉まるのも早いのですが、幸い開いているお店がありました。
まだ時間あるね…ということで飛び込んで焼き牡蠣ごちゅーもーん♪
お店の方がしっかり焼いてくださるので、ノ×とかは大丈夫。
 
2017051547.jpg
てか、これで500円なら当たっても悔いはない!!(明日はどーする;)
はぁ…美味しかった…
大粒で、プリプリで、磯の香りもたっぷりで、レモンはかけても良し! かけなくても良し!!
栄養そのものを取り入れているという実感が湧きます。
貝に溜まった汁もしっかりいただいて、ご馳走様でした。
 
この後バスにも無事拾ってもらい、ホテルに向かいます。
 
続く。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。