So-net無料ブログ作成

Tama One Night Special Live 2010 -EVOLUTION- [Tama]

先日のPunchOutの公演後に買っておいたチケットで観てきました~。
 
DSC01009.jpg
 
半休貰ったので開場時間前に着きました。
こんなに早く入ったのも、陣取ったところがステージから近かったのも始めてだよ。
仕事は年末までテンパリ予定なので、あと一週間遅かったら休み申請ダメだったかも。
 
ワンマンは一年ちょっと過ぎぶりでしたが、こんな濃厚で、Tamaとの距離が近いのは初めてじゃないかって思います。
アーティストTamaの演奏を聞きに行ったというより、人間Tamaに会いに行ったという感じかな。
 
MCでTamaが喋って、観客がそれに対して言葉を投げかけて、Tamaがリアクションを起こす…というのが多くて、サポのお二人も巻き込んでダラダラとおしゃべり状態になっちゃって、ステージ上は収拾つけるのに難儀してたけど、聞いてた方としてはあのまま時間いっぱいになってもいい位、あの雰囲気が楽しかったです。
 
演奏はもう、本当に素敵で。
お馴染みの曲もかなりアレンジが効いてて新鮮。
新作もいっぱい聞かせてもらいました。まつわるお話とともに。
「マカオ」は珍しくベースがリードしている曲だとか。
「Tryal」は(Tamaにしては)音符が細かいとか。
「Angel」は子供をイメージした曲で、子供は色々なことを教えてくれて、少し前まで全く存在していなかったのに、もの凄い存在感をもっていて…なんて解説してくれました。
ホント覚えきれない程の盛りだくさん内容だったので、間違っていたらゴメン。
 
他にも作詞している時の感じとか、とにかくMCが面白かった。
メンバー紹介では菊地さんがヘンな感じでごちゃ混ぜにしてくれたのでwww、和気藹々を通り越して、お笑いの世界に入ってたりw
 
ドームだ、アリーナだ、月9だ、ってどんどん躍進を続けているポルノも好きなんだけど、ファンのすぐ近くまできてくれるTamaの姿勢も素敵だと思うのですよ。
うん、やっぱりTamaの曲が好きだ。
一つしか買う予定のなかったグッズが、何故か手元に二つともあるのも応援のつもりです。
 
とりあえず新CDリリースぷりーず。
曲はたまってるんですよねぇ。
Tama曲は仕事中に聞くのに凄く合っているので、そろそろ新しいのが欲しいのよ。
 
DSC01011.jpg


Punch Out 行ってきた [Tama]

Tama出演のイベント(と本人が言った)「Punch Out」に行ってきました。
 
DSC00764.jpg
 
今回は2組のアーティストが出る構成で、初めはSPYAIRさんの登場。
 
こちらはサイトをちょっと覗いたくらいで、今回
初めてまともに聞いたんですが、なんていうか、サイトより本物の方がイメージがいい。
曲調が新鮮で勢いがあるバンドですね。
ENZELさんが客席を盛り上げるのがすごく巧くて、初めて聞いた曲でもすぐに楽しめます。
Tama目当てとはいえ、出てない時は突っ立って聞いてるだけなんて無粋な真似はしてませんことよwww
 
2チームのコラボもあるのかなぁ、どんな風になるかなあ、と期待していたのですが、それはありませんでした。残念。

で、Tamaの登場ですが、やっぱり場の空気が変わります。
 
一発目から新曲で飛ばしてきた~。
久しぶりのライブの為か、始めの方こそちょっと声が小さいかな、と思いましたが、早々の盛り上がりに調子が出てきたようです。キーが変わった?ってところが幾つかありましたが。
 
MC始めるとあっという間にいつもの和気藹々な雰囲気に。
本人曰く、「この五年でミュージシャンとして成長出来た。1.5倍くらいかな」だそうです。

 
新曲は二曲。
一番最初のインスト「マカオ」と、こちらは歌つきの「ダリア」。
どちらもいい曲でしたがライブ以外で聴けるのはいつの日やら。
 
メンバーはギターの石垣さんとドラムの菊地さん。
石垣さんはギターの腕前もさることながら、パフォーマンスも大胆で迫力のある人でした。
菊地さんは冴えたドラムにあわせて、お茶目なトコもみせてたなあ。

で。
ずつと身を潜めていた?わりには次のライブが二ヵ月後に決定!
12/18、お馴染みのCHALSEA HOTELです。
メンバーは今日と同じお二人。
今日、会場でチケットの先行販売をしていたので買ってきちゃいましたw
さて、休みは取れるかな;


Punch Out 参戦けてーい [Tama]

Tamaカテゴリの記事を読み返してみると、笑っちゃうくらい、記事ごとに「久しぶり」の文字がwww
うん、今回も一年9か月ぶりなんだけどね。

とまあ、ちょっと前ですが、無事チケットゲットです。
やっぱり前回のブレス持っていったほうがTamaファン、て分かりやすくていいかな?
 
もう一つのユニットに負けないよう、かつ仲良く盛り上がりたいと思います、はい。


Tamaライブ「I'm Ready」行って来た [Tama]

相変わらず道に迷いながも、今回も無事に遅刻することなく、チェルシーホテルにたどり着けましたwww
1Fのバイク屋さん、閉店されたんですね。次は何を目印にしよう;
 
091208_205010.jpg

ともかく、久しぶりのTamaです。
元気なようで、なによりです。
ちょっと声が低くなったかな?その分大きくなったような気もするけど。
もう少し活舌が良くなるといいなあ。
 
音楽はもう変わらず腹にズンッときますね。
今日参加されたメンバーは初めてお会いする方ばかりでしたが、調和がよく取れていたと思います。
「燃えている光」のアレンジが特によかった。
 
ゲストの中嶋ユキノさんはなんていうか、独特の声をもっていらっしゃる方ですね。派手なインパクトはないんだけど、いつでも取り出せるところに置いておきたくなるような歌だと思いました。
 
で、そのユキノさんとのMCで、Tamaの一言。
「35になって初めて気づいたんだけど、わしの話声って優しく聞こえるらしいわ。でも毒も持っておるんよ」
…だそうです…コメントは控えます…
それ以外のMCは…まあ…いつも通りです、はい。
ふと思ったんだけど、Tamaと昭仁の会話ってどうなっているんだろう…他の人はついていけるんだろうか…聞いてみたいような、みたくないような…
 
グッズのベース・ストリング・ブレスレット買うてきたですよ。
番号は0080。
ガンダムシリーズでも名作「ポケットの中の戦争」と同じ番号とはちょっと嬉しい。
サイズの調整が可能ということで弄ってみましたが…これ…難しいわ;;;
気持ち大きいものの女性の手でも不便を感じる程ではないのでこのままで使ってみませう;
 
この一年ほとんど活動状況が分からなかったのでヤキモキもさせられましたが、本人はまだまだやる気のようですので、これからも応援していこう。
とりあえず、半年くらいのうちにまたライブをやってくれい。


Tamaライブ参戦決定! [Tama]

…と、このカテゴリで書くのもホントに久しぶり。
 

12/8に渋谷のCHELSEA HOTELで行われる、Tamaのライブに当選しました~。
…落選するとはあまり想像してなかったけど;
 
この一年、ほとんど姿を見せなかったTama。
まあ、以前2年くらい分からなかった時もあるので気長に待つのは慣れっこです。
(この気長っぷりは某作家とか某漫画家に培われたんだよ…;;;
)
でも、メルマガくらいは一度始めたんだから続けて欲しかったかな。
一年ぶりのライブ、どんな曲を披露してくれるのか、楽しみにしています。
 
そういえば、チェルシーって何回か行ってるけど、未だに地図が自分の中に出来ない;
とりあえずハンズを目指して、その辺りをウロウロして見つけてる…

いい加減覚えよう。


Tama 「The Party!」 [Tama]

ライブ行ってきました~。
081218_204932.JPG

髪切った!帽子被ってない!サングラスは二曲目くらいで外しちゃった! 
でもTamaだ!!
メインメンバーはお馴染みのドラム菊地さんとギター塚本さんです。
始まった当初はギターの音がちょっと強かったかな。進むにつれ、気にならなくなりましたが。
それにしても菊地さんは楽しそうにドラムたたいてるなぁ。

ゲストの一人目は浅田信一さん。
彼のギターが加わると曲にぐっと深みが増します。
浅田さんの声はTamaより軟らかいのですが、「ノスタルジア」のパートを交互に歌ってもそれ程違和感はありません。
しかもハーモニーのところはとても響きがよくって…

ゲスト二人目はSOPHIAの豊田和貴さん。
登場した途端、「ジルー!!」と大歓声が凄かった~。
「Sun-Burst」でみせてくれたギターテク、かっこよかったです。

Tamaの声は割りと出ていたと思いますが、メインラストの「ホンノウ」ではちょっと疲れていた様子。
その代わり? この歌の時の照明効果がかっこよかったのでヨシとしませう。

五人揃ってのアンコール。まさにPartyの名にふさわしい華やかさでした。
ラストは「確かな軌跡」で〆。

Tamaのライブは和気藹々な雰囲気があって暖かいですね。
今日は曲の前にあおりもあったりして、いつもより一体感があったと思います。
個人的には「In The Loud」が聞けなかったのが唯一の残念かな。

では、来年も楽しみにしています。


The Party! からの招待状 [Tama]

12月18日にCHELSEA HOTELで行われるTamaライブに参戦決定です!
 
CHELSEA HOTEL…以前行ったよな。
確かパルコの裏だったよな…うん。

そういえば、前のライブ帰りに見つけたスパゲティ屋さんが割りと良かったのですよ。

 
麦とオリーブ・麦の詩 公園通り店



「さんるーむ」や「先斗入ル」と同じ系列のお店だそうです。
といえばピンとくる方もいると思いますが、オーガニック系のヘルシーなメニューを出してくれます。
ライブ後なのでディナーメニュー時間でしたが、予算は1500円くらいでスパゲティとデザートとドリンクのセットになります。
特筆すべきはお店の雰囲気。
地下にあるんですが、アイボリー調ですっきりとまとめられた店内は閉塞感がありません。
初めて入った客にも優しい、くつろげる雰囲気です。
ちょっとリッチに、あっさりと、ご飯にしたいなって時にオススメです。
今回も終わったら寄ろうかなぁ。


Tama LIVE TOUR "!LOUD&SHOUT!" [Tama]

昨日、代官山UNITで行われたTamaのライブに行ってきました。

代官山 UNIT

建物はちょっと階段が多いところでしたが、ライブ会場内は予想以上に広々としてて、設備も充実している感じがします。

佐藤大剛さんは性格的にTamaと合いそうな感じ。KENTAさんはステージ開始早々とピックを景気良く投げてました。DEATH-Oさんは名前とは裏腹に?終始楽しそうに演奏されてました。
もちろん技術も素敵なんですが、フレッシュなイメージのステージでした。
序盤はTamaの声があまり良く聞こえなかったのですが、途中でマイクの調整を変えたのか普通に聞こるようになって一安心。出来れば調子いい時に「In The Loud」聞きたかったな。
あ、化けた。と思ったのが中盤のメンバー紹介後。今回は今までで一番パフォーマンスが派手だな、と序盤から思っていたのですが、帽子を飛ばすほど髪を振り乱して熱唱するTamaには度肝を抜かれました。
それでスイッチが入ったかのように、ステージも客席も一気に熱が上がる。

今回のステージで忘れてならないのが杏子さん。姉御肌の方って感じでした。パワフルな歌唱だけでなく、プロセスの歌詞が好きだとか、Tamaとの2000年頃にも会った事がある、など話していかれました。生で「確かな軌跡」が聞けたのが凄く嬉しかった。

「黒い瞳」は前回のライブとキーが一緒かな。渦には繋がらなかったけど。CD版は歌い辛いのでしょうか。
アンコールで新曲披露。アップテンポで仕事中に聞いたら仕事がはかどりそうです。次のアルバムに収録かな。
最後は「Natural Born」で〆。

前回のライブの方が会場が狭かったとはいえ、声が気にならなかったから結構いいところまで来ていると思うのですが、やっぱりライブは頭からドーン!っていうのが欲しいですね。
次に期待。


今更!SHOUT! [Tama]

!SHOUT!

!SHOUT!

  • アーティスト: Tama
  • 出版社/メーカー: SME Records
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD

いや、発売日には届いてたんですよ。
ただ、同じ日にかなりショックな事が(わたし的にはTamaのポルノ脱退時とほぼ同レベルだった)起こりまして、その時の気持ちが曲と妙なシンクロを起こしてしまった為に回復するのに時間が掛かりました。
そろそろ落ち着いたので改めて感想を述べてみたいと思います。

全体的に前回よりはマイルドな感じがします。
仕事中は「!LOUD!」の方がノリ良く仕事出来そう。

「確かな軌跡」ですが、コレどこのアニメのオープニング!?
思わず絵コンテ切っちゃいたくなりますよ。
「プロセス」もですが、杏子さんが参加された曲はどちらも元気をいただけるような感じがします。
「ライオンの顔は~」はライブでも聞きましたが、今回のアルバムではこれが一番好きですね。

次のアルバムも楽しみだけど、まずはライブかな。
七月が楽しみです。


!LOUD! GIG! in Tokyo [Tama]

Tamaのライブに行って来ました~。
場所は渋谷の

CHELSEA HOTEL

です。
ちょっと煙草の匂いが強いのとロッカーが少ないのが難点ですが、ア-ティストとの距離が凄く近く感じられる所だと思います。

ライブは全体的に和気藹々って感じでした。
ギターの塚本さんは自然体で楽しそうに演奏しているのが伝わってきたし、ドラムの菊地さんは素人が聞いても、ををっ!と思わせるテクを存分に披露してくれました。照れたトコも可愛かった。
そしてTama!Tamaのベース、やっぱ好きだぁ。
歌も段々自分のものにしているようです。
ちょっと余裕も出てきたかな。
ポルノ時代、Tamaを見てると「あ、音楽に潜ってる…」て様子が見受けられたのですが、ソロになってからの彼は一杯一杯な感じがして、そこまで音楽に浸れてなかったようだったのです。
が、今日の彼は音楽と二人きりになっている瞬間があった。勿論ショウとして見せるところは見せていた。内に向かう自分と外に向ける自分の使い分けが上手くなってきたな、と思いました。
歌は慣れてる歌と慣れていないものの差が大分埋まってきた、どれも声が出せるようになってきたと思います。ただ、最後の「ホンノウ」でちょっとパワーダウンしてたかな。キーも低くなってたし。
今のTamaならヘンに規模を大きくするよりも、このくらいでマメにライブをするのがいいんじゃないかなって思います。勿論次のライブチケットも狙いますとも!
08-03-13_20-57.jpg